見た目だけはおっとり穏やかに見える私

我が子の通う幼稚園で、入園したばかりの下の子のクラスの懇親会がありました。
私は入園前のプレ幼稚園にも行ってなかったので、ほとんど全く知ってる顔はない状態でした。

そして、初の懇親会らしく自己紹介、くじ引きの質問タイム、席替えなどして周りと仲良くなるという感じで進んだのですが、その中で私はある事を言われました。
私の子供は、上の子も下の子も男の子です。
でも、男の子二人のお母さん、という風にどうやら私は見えなくてすごく周りに驚かれたのです。

女の子のお母さんって感じする?、とすごく言われました。
多分見た目が大人しくて髪が長いからなのだとは思います。
おっとりしてる、とか優しそうだとか色々言われて、全く中身はそんなではないのでかなり恥ずかしかったです。
私の方が、女の子のお母さんはまだ子供が小さくてもスカート履いてたり、おしゃれしていて素敵だなあと思ってたのです。

私はスカートなんて子供産まれてから数えるほどしか履いてません。
毎日パンツ姿です。
それでも、なんか未だに男の子の親というのが似合わないようで、笑っちゃいます。

ジャンケンに負けて行った罰ゲーム

学生時代に、友達と数人で遊んでいた時の事です。
ジャンケンをして負けた人は、恥ずかしいことを何かやろうぜっていう話になりました。
私はじゃんけんが強いと思い込んでいたので、大いに賛成しました。
結果はと言うと、私が負けてしまいました。

やばいと思いました。
さっきまでは、自分が負けるなんて思ってもいなかったので、急に不安になりました。

友達たちは、どんな罰ゲームにしようか、思案中で、
できるだけ、易しい罰ゲームを要望しました。

決まった罰ゲームは、コンビニに行き、「はあ、はあ、もう追手はこないだろう」と言うことです。
これには、正直参りました。
店員さんに勘違いされたら、一大事だからです。

そして、決行することになりました。
駆け足で、コンビニに入ると、店員さんの「いらっしゃいませ」が聞えました。
そこで、「はあ、はあ、もう追手はこないだろう」と言い放ちました。

最初、ぽかーんとしていた店員さんも、私が誰かに追われていると思うのに数秒かかりました。
それからは、大丈夫ですか?と声を掛けられ、心配されました。

なんか、心が痛みました。
罰ゲームなのに、本気にして気にしてくれるなんて、なんて優しい店員さんなんだと。
それで、罰ゲームだと、店員さんに伝えると、ほっとした様子で、
今度は逆に、しらんぷりさらました。

罰ゲームは、嫌なものですね。

食いしん坊の奥さんが真面目にダイエット

先日から私の奥さんはダイエットをスタートさせました。
ただ実は以前にも何度か奥さん口から「ダイエット」と言う言葉を耳にしたことがあります。
その度に最初は頑張っているのですがいつの間にか失敗に終わり終了していると言う、
いわゆる「三日坊主」の姿を私は見てきました。
なので正直に言いますと今回の奥さんが宣言した「ダイエットする」発言に私も娘も聞き流していました。

ですがどうやら今回に関しては本気で挑むようで、
昨日はカロリーの低い「ところてん」や「寒天」などを使用した食品を購入してきました。
ましてや昨晩のご飯は他の家族よりもかなり少なめだった上に、
晩ご飯後に外へ歩きに行っていました。
今までのダイエットスタート時とは顔つきも違い、
「あ、本気なのかな」と、奥さんの今回のダイエットにかける気持ちの強さを感じます。

話を聞いていると目標は今の体重からまずは5kg減らすことを目指しているみたいです。
まぁ本気でやるならば応援はしていますが、私と娘には少し心配もあります。
それは「食べることが楽しみな人間」の奥さんが少食に変えて、
今後その我慢に段々と機嫌が悪くならないのか?ということです。(笑)
何にせよ、まだまだいつまで続くか分からないダイエットですので、
取り敢えずは温かい目で見守ります。
以上、我が家の食いしん坊奥さんが、真面目にダイエットをスタートさせたお話でした。

ひそかなブームなのかも「流木狩り」

「タダのものがお金になる」というもので、最近のトレンドとなっているものに「流木」があります。
以前から熱帯魚を飼っている人たちが水槽に入れるために、いびつな形が魚の穴蔵として活用できたり、水槽の中の魚と流木がひとつのオブジェとしての役割ももつため流木が人気で、実際には元値0円が何千円、中には万単位で取引されているようです。

この流木はインテリアとしても脚光をあび、今書店に行くと多くのインテリア雑誌がありますが、そこでも流木を取り入れたインテリアが紹介されています。
カリフォルニアテイスト、西海岸風というテーマのお部屋作りには、白を基調としたビンテージ家具や雑貨が置かれています。
流木をつり棒代わりにしそれにフックをかけて好きなものをかけたり、大きなガラスの入れ物に砂を入れ、小さな流木や拾ってきた貝を入れれば、夏向きのオブジェが完成します。

私の実家は海のそばなので、今度実家へ帰ったら海に行って「流木拾い」をしてこようかな。。。
思いもよらないお宝がたくさん落ちているかもしれません。

簡単にコロコロと意見を変えてしまうと言う話について

とあるニュースで決まった事に苦言を呈した人物がいます。
けれど、決まった事に苦言を言うつもりはなかったと言う話です。
その話を聞いた時、私は自身の意思を何故貫かないのかと思いました。
後になって決定した事は、結果的に良かったなと意見を変える事、これは自身の意見ではない様に感じます。
本音と建て前と言う言葉がありますが、本音を翻して世論からの反発を恐れての意見変えの様な発言は、逆に世間の批判を受けかねないと私は思うわけです。
とは言え、ニュースで全国的に放送され国民の多くが注目されている中での発言ですから、本音を隠して建て前で語る事も時には必要かもしれません。
ですが、貫ける場合の発言は貫くべきだと思います。
意見をコロコロと変える事は、自身の発言に自信がないと言う表れでもあります。
つまり、周りに意見を合わせるばかりでは、自分を見失いかねません。
また、どの様な意見であろうが全ての人が納得する意見を出せるわけがないのです。
だって、一人一人考え方は違います。
百人いれば百通りの考え方があると言う言葉ある位ですから、一度発した言葉を簡単に覆すものではありません。
全ての事に言える事ですが、絶対にこれが正解と言う事はないはずです。
その事を忘れてはいけないと私は思います。

いよいよ家庭訪問の季節ですね。

今年もやって来ました。
いよいよ家庭訪問の季節ですね。
我が家には小学5年生の女の子と、2年生の男の子がいます。
ゴールデンウィーク前から始まりゴールデンウィークを挟んだ前半後半に、我が家の子供たちが通う小学校の家庭訪問週間は分かれます。

そして、今年は長女が最終日の最後に予定されています。
最終日の最後には問題児が回されると、ママ友の間では毎年噂になっています。
まさかまさか、我が家の長女が最終日の最後に予定されるとは思ってもいませんでした。
本当にびっくりです。
先生から日程の連絡をいただいた時には、自分の目を疑いました。
そこで、長女に思い切って聞いてみました。

「ねぇ○○ちゃん、今年の家庭訪問、最終日の最後なんだけど何か心当たりある?」。
すると長女は、「全く何も心当たりなんてないよ。」とのことです。
そうかそうか長女が言うなら、信じましょう。
今年の長女の担任の先生は、熱血体育教師のような熱い方です。
小学校に入ってから初めて担任が男の先生になったのがとても新鮮なようで、長女は毎日楽しく通学しています。
最終日の最後に先生からどんなお話があるのか、楽しみに待っていようと思います。

一夜にしてだめになったトウモロコシに思う

先日トウモロコシの苗を植えました。
雨が降るからというので、雨が降ったら水をあげる手間が省けるというので、
これはしめたと思い植えることにしたのです。
しかし、お天気の予報をちゃんと見ていたら良かったのですが、ものすごい風が吹くという内容を見ずに雨が降るというのだけ意識していました。

ところがその風のすごいこと、次の日に見ると苗が折れているのが3分の1ほどになっていました。
かなりの衝撃を受けて、しかたなく折れているのを抜いてその位置に、
残ってた種を植えて補充しました。

自然というのもは人間の思うようにいかないので、植物を育てるにしても
自然の状況をよく考察して、行動しないといけないというのを今回見に染みて感じました。
一ヶ月ほど種から一生懸命育てた苗が、一夜にしてボロボロになってしまい。
しかしそれを考えると、今回熊本の地震の被害の方は、家もそうだけど農家もたいへんだったのではと
本当に人事ではない自然の力に無力な人間であるというのを感じるものです。

梅雨の休日での過ごし方

雨、雨、雨の憂鬱な梅雨の時期が近づいてきました。
5月が始まろうとする今頃から雨の時期がとても多く感じます。
こんな時期には自宅でいかにリフレッシュして休日を過ごすかという課題が出てきます。
家に居ると危険なのは寝すぎてしまうということではないでしょうか。

昼食を食べた後の眠気に打ち勝ち、時間を有効に使わないといけません。
寝過ぎて良いことはあまりありませんので。
昼の眠気のために大切なのは昼食に肉や炭水化物をあまりとらないことだなぁと感じます。

特に肉を食べると、胃が疲れて眠気が襲ってきます。なので昼に肉を取らないようにしています。
これだけでも大分眠気から解消することが出来ますね。
梅雨の日の自宅での過ごし方は映画鑑賞がメインとなってきます。

アメリカのシーズン物のドラマ等は最近とても面白いものが多いので、そういったものや、大河ドラマ等を連続で観るのが最も自分には適しているなと感じます。しかし映画ばかり観ていても気だるくなってしまうので、他にもいろいろな楽しみ方を見つけていきたいと思います。

最近私がはまっているお菓子

私はお菓子が大好きです。スナック菓子から始まってクッキーとかビスケットとか、プリンにチョコレート、なんでも食べます。
その中でも好きなのが、マドレーヌやマフィンなどのガッツリ系(笑)別腹なので、ご飯を食べたあとにそういうものが欲しくなります。

クッキーやチョコレートなどではあんまり満たされなくなってきました…

そんな私が最近見つけてはまっているお菓子は、「半生ミックス」です。これは娘の幼稚園の家庭訪問がもうすぐあるので、先生用にと用意した物で、こういうお菓子は初めて買いました。内容は、どら焼きとか、小さいようかんとか、小倉あんパイとかそういうのが個包装になっていっぱい入っているものです。

先生が食べる前になんとなく味見…してみたらこれがもうはまってしまって。とにかくひとつひとつがちょうど良い大きさで、しかも美味しいんです。
そしてガッツリお腹にくるので大満足。結局、先生が来る前に一袋自分で全部食べてしまったので、また買いに行かないといけません(苦笑)

これは禁断のお菓子ですね~ほんと、太らないように気をつけないと…

文芸の学校に進路をかねて聞いてみました

作家になれるかと思い、ノベル専攻の学校に連絡してみました。
結果からいうと、新卒しかとらないみたいです。
そういう仕事は、作家になるなら、やはり賞をとらないといけないようですね。
ゲーム会社は、原作者を、結構募集しているようなのですが、中年は入学も、仕事も無理との事でした。

やるなら、音楽か、イラストの方がいいと思います。特に、音楽講師って、作家に比べて、需要があるようなので、やってもいいのではないでしょうか。

作家にいうなら、音楽は、いくつでも入学出来て、講師も自営でやるなら、定年はありません。

仕事と考えるなら、音楽講師は得といえるでしょう。
また、日芸にも、連絡してみましたが、ライトノベル以外でも、様々に学べるとしても、やはり、新卒採用のみだそうですから、文筆で成功したい人は、高校を出たら、すぐ行くべきでしょうね。

私に関していうと、音楽が出来て、良かったと思いました。
本当に、自営の講師は、演奏技術のある人には向いているものだといえます。