マイブームはラジオを聞く事です

最近、ラジオにハマっています。
なかなか眠りにつくことが出来ず、モヤモヤとしていたある日の夜中。
スマホをいじっていたら、アプリでラジオを聞けるという事を知り、早速radiko.jpというアプリをダウンロード。

その時はちょうど、お笑い芸人オードリーの生放送番組が流れていました。
若林さんのTVで見ている印象とは違う延々と話し続ける態度に笑ってしまい、しかもその話がとても面白かったのです。
話の内容はなんてことない、最近あった対人関係の話。
彼は基本的に人間に対してネガティブな考えばかり出てくるらしく、その異常さが面白すぎてついつい最後まで聞いてしまいました。

それ以来、たくさんのお笑い芸人のラジオをチェックする様になり、今ではpodcastに入れておいて電車で聞いたりしています。
芸人さん以外にも様々なジャンルの方がラジオ番組を担当している事を知り、ますます夢中になっています。

ちなみに今のオススメは、バナナマンの「バナナムーンGOLD」と世界的ダンサー菅原小春さんの「SUGAR WATER」です。
どちらの番組も強烈に個性が強くて、毎週楽しみにしています。
ラジオという新しいエンタメに気付いたおかげで、日々が少し楽しくなっている気がします。

知らなかった!効果的な目薬の差し方

幼い頃から目が悪く、普段からコンタクトでドライアイ。
目が乾燥することはしょっちゅうで、目薬は常に持ち歩いています。

先日新聞を読んでいたら、差し方によって目薬の効果が変わってしまうという記事を見かけました。
まぶたの下には結膜のうという袋が存在していて、差した目薬はそこにたまります。そこから成分が徐々に目の奥へと浸透していく仕組みなのだそうです。すぐに効き目が出るのではなく、目薬の成分が浸透して効果が出るまで数時間かかることもあるのだとか。
差したらすぐに効いているはずなのに、なかなか乾燥が治らない時ってありますよね。

手や指はもちろん清潔にして、目薬の先端は触らない事がキホン。
点眼直後のまばたきは効き目が薄まるのでNG!差した後、目を閉じて1分程目頭を抑えることで目の表面に薬液を留めておけるのだそうです。その時溢れた目薬は、しっかりとガーゼやティッシュなどで拭き取ることも大切です。

目薬を差したらいつだってすぐにまばたきをしていたので、かなり無駄な事をしていました…。何度差しても駄目な時って、自分のせいだったなんて反省しました。
これを機に、正しく目薬と付き合っていきたいと思います。

汗をかいて、1日1回のトイレで済んでいる話

夏が近づき、気温が30℃を超える日が当たり前になってきました。水分補給を忘れると汗でどんどん出て行ってしまいます。
だから私は、寒い時期よりも3杯ぐらい多めに飲むようにしていますが、今日は外出で、マフラーが濡れるような汗をかきました。
すぐに水分を補給したのですが、悲しいことに出て行ってしまいました。
そのせいなのか、夜9時を回っても朝から1回のトイレで済んでいます。

これは、異常なのかな?毎年夏頃はこんなことが多いのです。

尿を作っているのは腎臓なので、腎臓が良くないと尿量が減ると聞くけれど、それだけではなくむくみが表れたり、抜け毛も増えるそうです。
なぜなら、血液の老廃物を処理する役割が腎臓にはあって、老廃物が回収されないと血流が悪くなり、髪に栄養が行かなくなるからです。

調べると、腎臓の弱い人に抜け毛や白髪が多いそうです。

腎臓に問題があるとすれば、シャンプーしたときに100本レベルの抜け毛が起こっているはずだから、おかしいと気づきます。

でも、最近行った美容院で髪のボリュームを褒められていますから、腎臓が良くないのはちょっとおかしいですね。

汗をかく季節なので、水分不足かもしれませんね。

ぽっちゃりモデルやぽっちゃりさんのための雑誌について

ぽっちゃりモデルさんやぽっちゃりさんのための雑誌が発売されるようになって数年が経ちます。
今まで細ければ細いほど良いとされていた日本の風潮を覆すような出来事だったと思います。
ぽっちゃりモデルさんやぽっちゃりさんのための雑誌が発売されて励みになったという方も多いのではないかと思います。

そんな私もぽっちゃりさんの仲間です。
今までは、太っている自分を否定的な目でしか見ることができませんでした。
しかし、ぽっちゃりモデルさんやぽっちゃりさんのための雑誌が発売され、私を大きく変えてくれました。
太っていてもおしゃれを楽しむことをしていいんだ、と勇気を与えてくれました。

ぽっちゃりモデルさんもその体型を維持するためにしていることは、食べていることだけではありません。
身体が美しく見えるようにマッサージしたり、体型を整えるために運動をすることもあるそうです。

私もぽっちゃりしていますが、毎日適度な運動をするように心がけています。
これからも日々の生活に運動を取り入れながら、前向きに過ごしていきたいです。
そしてぽっちゃりさんのための雑誌を購入していきたいです。

見た目だけはおっとり穏やかに見える私

我が子の通う幼稚園で、入園したばかりの下の子のクラスの懇親会がありました。
私は入園前のプレ幼稚園にも行ってなかったので、ほとんど全く知ってる顔はない状態でした。

そして、初の懇親会らしく自己紹介、くじ引きの質問タイム、席替えなどして周りと仲良くなるという感じで進んだのですが、その中で私はある事を言われました。
私の子供は、上の子も下の子も男の子です。
でも、男の子二人のお母さん、という風にどうやら私は見えなくてすごく周りに驚かれたのです。

女の子のお母さんって感じする?、とすごく言われました。
多分見た目が大人しくて髪が長いからなのだとは思います。
おっとりしてる、とか優しそうだとか色々言われて、全く中身はそんなではないのでかなり恥ずかしかったです。
私の方が、女の子のお母さんはまだ子供が小さくてもスカート履いてたり、おしゃれしていて素敵だなあと思ってたのです。

私はスカートなんて子供産まれてから数えるほどしか履いてません。
毎日パンツ姿です。
それでも、なんか未だに男の子の親というのが似合わないようで、笑っちゃいます。

ジャンケンに負けて行った罰ゲーム

学生時代に、友達と数人で遊んでいた時の事です。
ジャンケンをして負けた人は、恥ずかしいことを何かやろうぜっていう話になりました。
私はじゃんけんが強いと思い込んでいたので、大いに賛成しました。
結果はと言うと、私が負けてしまいました。

やばいと思いました。
さっきまでは、自分が負けるなんて思ってもいなかったので、急に不安になりました。

友達たちは、どんな罰ゲームにしようか、思案中で、
できるだけ、易しい罰ゲームを要望しました。

決まった罰ゲームは、コンビニに行き、「はあ、はあ、もう追手はこないだろう」と言うことです。
これには、正直参りました。
店員さんに勘違いされたら、一大事だからです。

そして、決行することになりました。
駆け足で、コンビニに入ると、店員さんの「いらっしゃいませ」が聞えました。
そこで、「はあ、はあ、もう追手はこないだろう」と言い放ちました。

最初、ぽかーんとしていた店員さんも、私が誰かに追われていると思うのに数秒かかりました。
それからは、大丈夫ですか?と声を掛けられ、心配されました。

なんか、心が痛みました。
罰ゲームなのに、本気にして気にしてくれるなんて、なんて優しい店員さんなんだと。
それで、罰ゲームだと、店員さんに伝えると、ほっとした様子で、
今度は逆に、しらんぷりさらました。

罰ゲームは、嫌なものですね。

食いしん坊の奥さんが真面目にダイエット

先日から私の奥さんはダイエットをスタートさせました。
ただ実は以前にも何度か奥さん口から「ダイエット」と言う言葉を耳にしたことがあります。
その度に最初は頑張っているのですがいつの間にか失敗に終わり終了していると言う、
いわゆる「三日坊主」の姿を私は見てきました。
なので正直に言いますと今回の奥さんが宣言した「ダイエットする」発言に私も娘も聞き流していました。

ですがどうやら今回に関しては本気で挑むようで、
昨日はカロリーの低い「ところてん」や「寒天」などを使用した食品を購入してきました。
ましてや昨晩のご飯は他の家族よりもかなり少なめだった上に、
晩ご飯後に外へ歩きに行っていました。
今までのダイエットスタート時とは顔つきも違い、
「あ、本気なのかな」と、奥さんの今回のダイエットにかける気持ちの強さを感じます。

話を聞いていると目標は今の体重からまずは5kg減らすことを目指しているみたいです。
まぁ本気でやるならば応援はしていますが、私と娘には少し心配もあります。
それは「食べることが楽しみな人間」の奥さんが少食に変えて、
今後その我慢に段々と機嫌が悪くならないのか?ということです。(笑)
何にせよ、まだまだいつまで続くか分からないダイエットですので、
取り敢えずは温かい目で見守ります。
以上、我が家の食いしん坊奥さんが、真面目にダイエットをスタートさせたお話でした。

ひそかなブームなのかも「流木狩り」

「タダのものがお金になる」というもので、最近のトレンドとなっているものに「流木」があります。
以前から熱帯魚を飼っている人たちが水槽に入れるために、いびつな形が魚の穴蔵として活用できたり、水槽の中の魚と流木がひとつのオブジェとしての役割ももつため流木が人気で、実際には元値0円が何千円、中には万単位で取引されているようです。

この流木はインテリアとしても脚光をあび、今書店に行くと多くのインテリア雑誌がありますが、そこでも流木を取り入れたインテリアが紹介されています。
カリフォルニアテイスト、西海岸風というテーマのお部屋作りには、白を基調としたビンテージ家具や雑貨が置かれています。
流木をつり棒代わりにしそれにフックをかけて好きなものをかけたり、大きなガラスの入れ物に砂を入れ、小さな流木や拾ってきた貝を入れれば、夏向きのオブジェが完成します。

私の実家は海のそばなので、今度実家へ帰ったら海に行って「流木拾い」をしてこようかな。。。
思いもよらないお宝がたくさん落ちているかもしれません。

簡単にコロコロと意見を変えてしまうと言う話について

とあるニュースで決まった事に苦言を呈した人物がいます。
けれど、決まった事に苦言を言うつもりはなかったと言う話です。
その話を聞いた時、私は自身の意思を何故貫かないのかと思いました。
後になって決定した事は、結果的に良かったなと意見を変える事、これは自身の意見ではない様に感じます。
本音と建て前と言う言葉がありますが、本音を翻して世論からの反発を恐れての意見変えの様な発言は、逆に世間の批判を受けかねないと私は思うわけです。
とは言え、ニュースで全国的に放送され国民の多くが注目されている中での発言ですから、本音を隠して建て前で語る事も時には必要かもしれません。
ですが、貫ける場合の発言は貫くべきだと思います。
意見をコロコロと変える事は、自身の発言に自信がないと言う表れでもあります。
つまり、周りに意見を合わせるばかりでは、自分を見失いかねません。
また、どの様な意見であろうが全ての人が納得する意見を出せるわけがないのです。
だって、一人一人考え方は違います。
百人いれば百通りの考え方があると言う言葉ある位ですから、一度発した言葉を簡単に覆すものではありません。
全ての事に言える事ですが、絶対にこれが正解と言う事はないはずです。
その事を忘れてはいけないと私は思います。

いよいよ家庭訪問の季節ですね。

今年もやって来ました。
いよいよ家庭訪問の季節ですね。
我が家には小学5年生の女の子と、2年生の男の子がいます。
ゴールデンウィーク前から始まりゴールデンウィークを挟んだ前半後半に、我が家の子供たちが通う小学校の家庭訪問週間は分かれます。

そして、今年は長女が最終日の最後に予定されています。
最終日の最後には問題児が回されると、ママ友の間では毎年噂になっています。
まさかまさか、我が家の長女が最終日の最後に予定されるとは思ってもいませんでした。
本当にびっくりです。
先生から日程の連絡をいただいた時には、自分の目を疑いました。
そこで、長女に思い切って聞いてみました。

「ねぇ○○ちゃん、今年の家庭訪問、最終日の最後なんだけど何か心当たりある?」。
すると長女は、「全く何も心当たりなんてないよ。」とのことです。
そうかそうか長女が言うなら、信じましょう。
今年の長女の担任の先生は、熱血体育教師のような熱い方です。
小学校に入ってから初めて担任が男の先生になったのがとても新鮮なようで、長女は毎日楽しく通学しています。
最終日の最後に先生からどんなお話があるのか、楽しみに待っていようと思います。